おデブさんの基本 意識と考え方 年代別 30代~ 運動 筋トレ 40代~ 50代~ いろいろなダイエット 健康的効果 生活習慣改善効果

30代40代50代「老後に備えるダイエット習慣」健康に痩せる効果

投稿日:2017年4月3日 更新日:

Pocket
LINEで送る

 

いつまでも変わらずにいたいと思いつつ、

年を重ねるたびに
確実に老いることを実感しませんか?

痩せれば綺麗の20代。

痩せるだけでは保てない体型の崩れ、
肌の衰えを感じる30代。

そろそろ体力維持・健康のための
ダイエットに考え方を
変えなければいけない年頃かと思います。

そのためのダイエットをまとめました。

日々忙しい30代40代ダイエット内臓脂肪と皮下脂肪での恐い病気


スポンサードリンク

老後に備える
ダイエット習慣

▶17k痩せた体験談30代女性「ウォーキング&食事制限ダイエット」簡単でオススメです

 

30代の筋肉

 


私たちの筋肉ですが

運動をしなくなったからといって脂肪に変わることはありません。

運動をしなくなり筋肉が減ってしまうから
基礎代謝が低下してしまうので、

生活習慣に変化がなくても体脂肪が増えて太ってしまいます。

 


筋肉は40歳過ぎた頃から

筋肉は減少し始めます。

特に速筋繊維の委縮によって、
瞬発力が低下します。

昔と同じようにテキパキ動きたくても
動けなくなるのは体重増加が原因だけではないのです。

 


幸い筋肉は年齢に関係なく

筋肉は増やすことが出来るので、
基礎代謝を上げることも可能です。

まずは筋肉を減らさない生活を目指すことが、
体重の増加を防ぐことに繋がります。

 


加齢に伴い

体の硬さを実感することはないですか?

忙しい毎日の中、時間に追われて
緊張状態が続く生活の方も多いと思います。

運動不足により筋肉を使わないことも
筋肉が硬くなる要因のようですが、

常に緊張状態が続いていると、
筋肉が硬い状態が普通であると脳へ伝達が行くそうです。

元々やわらかい性質を持った筋肉が固まることによって、
体の痛みを感じるなど日常動作にまで支障が出始めます。

質の良い筋肉を鍛える活動(筋活)は
今後の私たちには必要不可欠です。

まずは、出来ることから始めましょう。

▶「30代のダイエット」諦めたら先はもっと酷い!理想体重への追求

 

背筋を鍛える

背筋の衰えは猫背となり
お腹・胸・顔と体全体が❝たるみ❞ます。

姿勢が崩れると
・力強い歩行が出来なくなり
・下半身の筋力低下につながります。

日常生活の中で美しい姿勢を
意識することが
背筋を鍛えることになります。

 


簡単チェック

肩が内側に入ってしまっている方は
・意識して肩甲骨を寄せて下さい。

前かがみになっている方は
・足の指にしっかり力を入れて重心を少し後ろに意識して下さい。

・ポッコリお腹の解消
・バストとリフトアップ
全ての体のラインが整います。

▶ぽっこりお腹になってしまう3つの原因と4つの解消できる方法

 

大腰筋・腸腰筋を鍛える

股関節の屈折運動
太ももの動きに必要な筋肉です。

 


鍛えておかないと

ずり足歩行になり、
思うように足が前に出にくくなります。

少しの段差につまずいて、転倒しやすくなります。

体重の6割を支えている
骨盤をカバーしている筋肉でもあります。

筋力が低下すると、
骨盤を正しく支えることが出来なくなります。

 

腰から曲がっている
お年寄りを見かけますよね。

骨盤を支える筋肉がうまく働かないと
骨盤が後傾してしまい姿勢が悪くなります。

 


イメージとしては

小さい子を抱っこする際
手の力だけでは不安で骨盤を後ろに傾けて
子供を支えたりしませんか?

元々の骨盤は足を上げて動かす時に前傾となり
通常はまっすぐ立った状態が本来の位置となります。

骨盤の後傾は
・長時間のデスクワークや
・子育てなどの日常動作によって
身についてしまった悪いクセです。

 


簡単チェック

骨盤を正しい位置で
キープすることを意識して下さい。

大腰筋・腸腰筋をフル活用しているので
体に覚えさせることが簡単で効果的な筋トレになります。

 

まっすぐに立って片足を上げてみて下さい。

体がブレたり一直線を保てずに反ってしまう方は
股関節周りが硬くうまく骨盤を使えていません。

どれくらい筋肉が硬く、
筋力が低下してきているか知っておきましょう。

▶骨盤ダイエット効果とは姿勢や癖を意識し女性特有の悩みも解消きる

 

生活筋力低下
筋肉量減少でおこる病気・障害

私たちが、このままの生活を続けていると確実に筋肉の働きは衰えます。

基礎代謝量は減少しますから
脂肪の付きやすい体となりコレステロール値・血圧と高くなります。

高齢者の数値が高いのは:

食事だけが原因ではなく筋肉を維持する運動をしてきてはいないからです。

 


筋力低下による歩行は

転倒を招き、骨折の危険も高まります。

杖歩行に寝たきりも他人事ではありません。

筋肉は膝腰をカバーしているため
動きの負担を軽減してくれています。

高齢者の膝の痛みなどは日々の負担の積み重ねです。

筋肉が減っていくと
関節痛や腰痛などの痛みとの生活になります。

 


体の痛みから

外出するのもおっくうになり、社会生活からの孤立

さらに運動不足による筋力低下と
悪循環から高齢者特有の廃用症候群になります。

冷え性・浮腫み・疲れに
慢性的だるさ・尿漏れと
次々に負の連鎖が起こります。

大きな病気に直接の関係はなくとも、
日常生活を送ることが困難になってしまいます。

▶体験談30代ダイエット摂取カロリー制限で効果7キロ痩せた成功方法


スポンサードリンク

まとめ

上手なダイエットは
筋肉量アップまたは維持した体重の減量です。

しかし、これからの
老後に備えるダイエットを
考えるのであれば体重より体脂肪です。

見た目痩せたきれいな体型でも

内臓脂肪の隠れ肥満や筋肉のない人に
健康的な老後を迎えることはできません。

美しい姿勢、筋肉による❝たるみ❞のない
引き締まった健康体を目指す必要があります。

 

今は良くても、
怠けた生活は50代から出てくるそうです。

なるべく早くに筋力量を増やし
蓄えることが老後の貯筋となります。

 

残念ながら痩せれば綺麗の年頃ではなくなってしまいました。

筋肉は年齢に関係なく鍛えることができるので、
いくつから始めても遅くはないそうです。

ただ、いまから
筋肉を意識した生活を送っておけば
肉体年齢は確実に若いままでいられます。

場所と時間を気にせずに行える

私だけの筋トレを
始めてみてはいかがですか?

自然とダイエットにもつながるはずです。

🔻これを読んでからのオススメ記事

▶「おデブさん女性の糖尿病リスク」更年期40~50代・偏った20~30代

▶成功して痩せるダイエット方法とは大切な3つがなければ絶対に不可能!

▶年齢の変化でダイエット、昔と違う今の身体って?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

-おデブさんの基本, 意識と考え方, 年代別, 30代~, 運動, 筋トレ, 40代~, 50代~, いろいろなダイエット, 健康的効果, 生活習慣改善効果
-, ,

                                  

関連記事

エア縄跳びダイエット(時間と注意点)簡単なやり方と方法で痩せ効果

  トランポリンが ダイエットにいいということで、 都内に続々と施設が登場していますが、 「跳ねる」ダイエットということで、 施設に行かなくても簡単にできるのが縄跳び。 さらに、自宅でも簡単 …

5k痩せ体験談「果物ジュース置き換えダイエット」効果的やり方と方法

  私は20代後半の女性ですが、 ダイエット前は完全なるデブでした。 日ごろの疲れとストレスで肌荒れ、 体重増加、その姿にストレス…の悪循環。 繁忙期は特に自炊する時間もなく、 コンビニ食、 …

簡単「朝2分ダイエット」痩せ効果と方法のカギは呼吸と骨盤

  美味しものに目がなくて、、、 仕事が忙しくて運動の時間がとれなくて、、、 などなど、ダイエットしたいものの なかなか出来ずにいる方も多いのではないでしょうか。   でも、諦めて …

極まとめ「大豆」を知る!魅力栄養素で簡単ダイエット方法も抜群効果

  大豆は「畑の肉」と言われています。 大豆には、 お肉に匹敵する量の タンパク質が含まれているからです。 タンパク質は、 私たちの筋肉や内臓など大切な体の組織を作っており、 生きていくため …

4種類の効能で便秘代謝効果「お茶ダイエット17キロ痩せた」体験談

  女性40代です。 80キロから63キロまで マイナス17キロ痩せました。 ずっと、ダイエットしていたんですが、 何度も失敗ばかりでリバウンドの繰り返し… 継続して痩せ続けているのは、この …

応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
 m(_ _)m