食事 お腹に効く いろいろなダイエット 健康的効果 生活習慣改善効果 便秘解消効果 お財布に優しい

冷凍えのきダイエット脂肪排出効果をパワーアップさせる方法とやり方

投稿日:2017年4月19日 更新日:

 

低カロリーで食物繊維が豊富なきのこ類が
ダイエットの味方なのは良く知られていますが

冷凍えのきがダイエットで
注目されつつあるのをご存知ですか?

 

えのきは内臓脂肪を減らし
お腹周りを、すっきりさせる効果がある

「キノコキトサン」を
とても多く含んでいるということで、

きのこ類の中でも注目されているそうです。

8k痩せた体験談「夜はサラダだけ置き換えダイエット」私の方法とやり方


スポンサードリンク

冷凍えのきダイエット

でも「えのき」ではなく
「冷凍えのき」ダイエットなのです。

・なぜ冷凍するのでしょうか?
・そのまま食べてもいいんじゃないの?

という疑問も含め、
冷凍えのきダイエットについてまとめていきたいと思います。

▶白米ダイエットやり方と方法ご飯で意外と知らない痩せ効果と美の効能

 

「キノコキトサン」が
ダイエットに良い理由

冷凍えのきダイエットの主役、
えのきに多く含まれるキノコキトサンには、


体内の余分な脂肪をからめとり、
便とともに排出する働きがあります。

また食事で摂取した脂肪に薄い膜をはり、
腸内での吸収を防ぐ働きもあります。

この二つの働きが、内臓脂肪を減らし、
ダイエットに効果があると考えられています。

さらに、
えのきに豊富に含まれる食物繊維が、
腸の動きを活発にし、
キノコキトサンとの相乗効果で、
便秘が解消され腸内環境の改善も期待できると言われています。

えのきがダイエットに効果がある理由は、
お分かりいただけましたね。
では、なぜ冷凍する必要があるのでしょう?

▶舞茸ダイエット効果で健康体へ負担ストレスも少なく確実に痩せる方法

 


冷凍したほうが良いのはなぜ?

それは、キノコキトサンは
えのきの細胞壁の中にあり、
生の状態では効率よく体内に吸収されないからなのです。

えのきの細胞壁は頑丈で固いのですが、
切ったり冷凍したりすることで、

細胞壁が膨らんで壊れて、
キノコキトサンが外に出やすくなります。

その結果、
体内で効率よく吸収されやすくなる、という理論です。

普通に調理して食べるより、
冷凍しておくほうが断然よさそうですよね。

 

冷凍するなんて面倒!
という方もいらっしゃると思いますが、

えのきは傷みやすいので、
特売で多めに買っても使いきる前に、

黄色っぽくなって
すっぱい匂いがしてきちゃうことも多いですよね。

 

でも買ってきて
すぐにひと手間かけて冷凍しておけば、

腐らせる心配もありませんし、
安い時にたくさん作り置くこともできますね。

 

さらに、
毎日の食事に取り入れやすくなる、
というのもメリットの一つです。

お忙しい方も週末に準備しておけば、
毎日解凍して食べるだけなので、
手軽に取り入れていただけるのはないでしょうか。

ダイエッターは
えのきは冷凍して食べると心しておきましょう!

▶16k痩せ人生が180度変わった体験談スープ置き換えダイエット

 

冷凍えのきでの
実践方法


冷凍えのきダイエットでは、
生えのき50~100g分の冷凍えのきを
毎日摂取することを薦めています。

生の状態で重さを計ってみて、
目安の量を覚えておくと便利だと思います。

  • スーパーで売られている
    えのきは一袋100g程度の物が多いです。
  • お鍋のシーズンで売られるような
    大きめの物は300g位あるものもあります。

えのきを買ってきたら、
まず重さを計ってみて下さいね。

200gだったら、
それで出来た冷凍えのきは2日分から4日分

ということになります。

▶4種類の効能で便秘代謝効果「お茶ダイエット17キロ痩せた」体験談

 


冷凍えのきの作り方

  1. えのき200gをみじん切りにします。
    石づきを抑えて、
    えのきの傘のほうから切っていくと、
    細かく切りやすいですよ。
  2. みじん切りにした、えのきを鍋に入れ、
    酒(大さじ1)と塩(小さじ1/2弱)を振って蓋をし、
    弱火から中火で蒸し煮にします。
  3. 五分たったら蓋を取り、
    水分を飛ばして火を消します。
  4. 冷めたらフリーザーバッグに入れて平たくし、
    四等分になるように菜箸などで筋目を入れてから冷凍します。

この分量で作ると四等分にした一つ分が
生のえのき50g分になりますので、

1日に1~2つ分食べると良いということですね。

水分はお酒だけしかいれませんが、
蓋をして弱火でじわじわ熱すると
えのきから水分が出てきますので大丈夫です。

因みに、
生えのき50g分の
冷凍えのきのカロリーは約15キロカロリー。

1日の摂取カロリーとして
足さなくてもいいくらい低カロリーですね。

これはありがたい限りです。

▶「おデブさん女性のメタボリックシンドロームのリスク」急増する肥満

 

冷凍えのきの
おいしい食べ方

毎日食べるとなると、
飽きがこないように工夫が必要になってきますね。

でも、冷凍えのきは癖もなく、
和洋中どんな味付けでも馴染みやすいので、
食べやすいと思いますよ。

食べる時は、電子レンジでも
自然解凍でもどちらでも大丈夫です。

 


冷凍えのきを活用した
簡単レシピ3選


簡単レシピ1:

解凍した冷凍えのき
(1かけ:生で50グラム分)に

すりごま(小さじ1)
ポン酢 (小さじ2)を混ぜ、

豆腐(1/2丁)の上にのせて食べる。


簡単レシピ2:

解凍した冷凍えのき(1かけ)
味付きめかぶ1パック
練り梅(小さじ1/2)を混ぜて食べる。

納豆と混ぜてもおいしいです!


簡単レシピ3:

解凍した冷凍えのき(1かけ)
しょうゆ(小さじ1)
砂糖  (小さじ1)
ちぎった焼きのり(1/2枚)を混ぜて食べます。

なめたけ風なので、ご飯のお供にどうぞ。

以上、レシピとは言えないくらい簡単なレシピ3選でした。

簡単すぎて申し訳ありません!

▶4つの順番で食事ダイエット!血糖上昇、満腹、バランス、すべてOK

 

他には、
えのきのとろみは汁物と相性抜群なので、

お味噌汁やスープに混ぜるのも良いですし、
ハンバーグなどの肉料理の
かさ増しとして入れるのも良いですね。

マーボー豆腐やキーマカレーなどの
ひき肉料理の時は、

ひき肉の量を半分減らして、
冷凍えのきを代わりに入れるのも良いですよ。

お肉の量を減らし過ぎると
物足りなさが感じられる場合もあるので、
加減してみてくださいね。

日々忙しい30代40代ダイエット内臓脂肪と皮下脂肪での恐い病気


スポンサードリンク

まとめ

えのきは、みじん切り、蒸し煮、冷凍という手間を加えるだけで、

えのきに含まれる
キノコキトサンが体内で吸収されやすくなり、
ダイエット効果がアップする食材なのですね。

余分な脂肪を排出し、
食事で摂取した脂肪を吸収しにくくしてくれる

キノコキトサンを効率よく摂取できる、
冷凍えのきダイエット、
上手に取り入れてみてくださいね。

2か月位を目安に続けていただくと、
効果を実感していただけると思います。

🔻これを読んでからのオススメ記事

▶おデブさん「病気やケガで大変でした」短編・体験談集Case1~10

▶「玉ねぎダイエット」血液さらさら便秘解消へ効果と方法

おデブさん「恥ずかしい」短編・体験談集・Case1~10

スポンサードリンク

-食事, お腹に効く, いろいろなダイエット, 健康的効果, 生活習慣改善効果, 便秘解消効果, お財布に優しい
-, ,

                                  

関連記事

3つの事で「おデブ」の歩くダイエットは身体と精神面をも痩せさせる

  今年こそは痩せたい! 痩せてかわいい服が着たい! と決意はするものの、 なかなか成功しないダイエット。 ダイエットって、 固い意志がないと成功しないイメージがありますよね。   …

簡単ダイエットで痩せる豆乳ココアおすすめ飲み方で満腹感と美容効果

  ココアと聞くと、 「甘くてカロリーが高そう」 とイメージされる方が多いと思われますが、 実はココアには、ダイエットに効果的な 栄養素が豊富に含まれているのです。 そんなココアに、 さらに …

テレビでも話題に肩こり頭痛に効果「筋膜リリース」簡単方法とやり方

  「筋膜」というものをご存知ですか? その名前の通り筋肉の膜の事をさすのですが、 細かく分けると ・「筋肉の外側を包む膜」 ・「筋肉の繊維を包む膜」 の2種類があります。 スーパーで鶏肉を …

「50代のダイエット」絶対必要な3つで美と健康の維持

  子育てが終わり 自分の時間に余裕ができ、 新しい人生を歩き始めようと思い立つ方が多い50代。 何かを始めるにしても、 今の自分の姿(身体)を見て 「やっぱり今のままで良いわ」 と断念する …

忙しい朝たったの5分!原因を知り簡単解消ストレッチで肩こり知らず

  ・「肩こりがずっと続いている」 ・「頭痛やめまいまで出てきた」 ・「肩が重くて腕が回らない」 仕事や家事で肩こりが続いている方、 結構多いのではないでしょうか。 とはいっても、 定期的な …

ブログランキング・にほんブログ村へ
 m(_ _)m