食事 お腹に効く いろいろなダイエット 運動 筋トレ 上半身に効く 下半身に効く 身体の部位 健康的効果 お財布に優しい ストイックで効果

自宅でコミットする!ライザップ風ダイエット!高額ビフォーから低額アフターへ!

投稿日:2017年2月28日 更新日:

 

 

「結果にコミットする」というキャッチフレーズで
話題を集めてるライザップ。

印象的なビフォア&アフターの写真を見ると、
「すごいな~」と感心しますよね。

と同時に、お値段も
「すごいな~」、目がテン、です。

実はリバウンドしてしまう人も少ないくない、
なんていう噂もチラホラ聞きますね。

せっかく痩せたのにもったいない!

短期間で痩せるとリバウンドしやすい、
というのは本当なのかもしれませんね。

せっかくきれいになったらキープしたいですよね。

今回はゆる~く、長期間の、
なんちゃってライザップ風ダイエットをご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

自宅でゆる~く、
なんちゃってライザップ風ダイエット

 

ライザップの基本

ライザップは、科学的な根拠に基づいた
低糖質の食事と運動の指導を受け、
なりたい体へ導いていく、というメソッドです。

 

食事

年齢体脂肪に合った低糖質食の指導
そして3食きちんと食べる正しい食生活へ

低糖質
→血糖値の上昇を抑え、肥満ホルモンを抑制し、太りにくい体へ。

高タンパク
→筋肉量の維持。

運動

マンツーマントレーニング、
50分×週2回

筋力と代謝を上げ、太りにくく痩せやすい体づくり。

なりたい体にボディメイク。

低糖質食による筋肉の減少をトレーニングで防ぐ。

なんちゃってライザップ風

このように食事と運動の二つを柱に
ダイエットしていくわけですが、

なんとなく、こちら自宅でも、
なんとなくできそうな気がしませんか?

高いお金かけてライザップに通っても
リバウンドしてしまうのは、変化が急すぎたり、
モチベーションを維持するのが難しいからだと思うのです。

変化を緩やかに、
モチベーションも高過ぎずに無理なく続けられる方法を、
考えていきたいと思います。

 

お食事編

ダイエット通の方なら
低カロリー高たんぱくな食事が
ダイエットに良いことはもはや常識ですよね。

ライザップの低糖質食は
カロリーの高い糖質を制限しますので、
結果的に低カロリー高たんぱくを目指していることになります。

その1

最初の2週間は主食を確実に抜きます。
その後、体の変化に応じて、
少しづずつ糖質を取り入れる食事に変えていきます。

その2

1日3食きちんと食べる。

ご飯からのエネルギーがなくなる分は、おかずで補います。

少ないエネルギーで慣れてしまうと、
リバウンドしやすい体になってしまうので、
しっかり、おかずで補いましょう。

その3

タンパク質たっぷり→筋肉量の維持

野菜毎食100g→ビタミン・ミネラル大事です!
主食の代わりにたっぷりと。

水分1日2リットル→少量ずつ、
こまめにとって代謝を上げます。

 

厳密に行おうとすると、
さつまいもは糖質が多いから控えようとか、

納豆についてくるタレは糖質が含まれている、
などなど、いろいろ出てくると思うのですが、

ストレスためずに長く続けられる食事が大事なので、
あまり細かく気にする必要はないですよ。

 

出来る範囲で!

 

最初の2週間、主食を抜く、というのも、
ちょっとやってみて負担が大きいようなら、
夕飯だけおかずのみ、だったり、
主食を今までの半分にしてみる、

とか、ご自身でアレンジして、
無理なく続けられる量を探ってみてください。

ストレスたまって、
後にたくさん食べてしまうのでは、意味がないですもんね。

野菜たっぷり、タンパク質しっかり、糖質控えめを
意識してお食事してみてください。

 

なんちゃってなので、ゆるく続けましょう!

 

筋トレ編

本物ライザップでは、
美しいボディラインを目指して
筋トレを指導してくれるそうですよね。

確かに、ビフォア&アフターの画像、
男性は男性らしく、女性は女性らしい
ボディメイクが出来上がっていて、素晴らしいですよね。

ライザップでは週に二回、
マンツーマンで筋トレのレッスンを受けますが、、、

 

なんちゃって編は、
最低週に2回は目指しつつ、自分のペースで行いましょう。

毎日少しづつの方がリズムを作りやすければ、毎日で。

大きい筋肉を鍛えると代謝がアップしやすく、
太りにくい体になるので、
腹筋と、ももの筋肉を鍛える方法をご紹介しますね。

筋トレはバランスも大事なので、
腹筋を鍛えたら背筋も鍛えておくといいですよ。

 

腹筋を鍛えよう

軽くひざを伸ばして座り、
手のひらで体を支えるようにして、
重心を少し後ろにする。

腹筋を意識して脚を床から45度くらいにあげる。

手を床から放してもゴロンとならない程度に状態を支える。

息を吐きながら、ゆっくり床すれすれまで脚をおろす。

吸いながらアップ、吐きながらダウンを繰り返すこと15回くらい

反動をつけずにゆっくり行いましょう。

太ももを鍛えよう

太ももは、筋トレの王道スクワットが取り入れやすいでしょう。

簡単ですが、形を意識して、しっかり効かせていきましょう。

足は肩幅で立つ。

つま先と、ひざが同じ向きで軽く曲げる、
お尻を後ろへ少し突き出す。
(ひざと腰への負担が軽減する)

腕は前習いで、手と手で重ねクロス。

息を吐きながら(声に出して10数えると丁度いい)
後ろの椅子にちょこんと座るイメージで、
お尻を、ゆっくり下げていきます。

ひざが、つま先とより前に出ないところで、
太ももと床が平行になるくらいまでを目指します。

背筋をピンとし、脚のスネと背筋が平行になるように。

吸いながらゆっくりアップ。これを15回。

背筋を鍛えよう

持ちやすい2リットルのペットボトルに水を入れてください。

両方の手に1本ずつ持ち、足は肩幅で立つ。

目線を前にしたまま、足の付け根とひざを少し曲げ、
上半身を床と平行に近い状態になるまで倒します。

背中まっすぐを意識しながら、
息を吐いて、ひじを曲げながら
ペットボトルを腰の横まで持ち上げます。

胸が開くのも感じてください。

肩が耳に近づいていかないように、長い首も意識します。

難しいようならペットボトルの水を減らして調整してくださいね。

吸いながら上半身はそのままで、ペットボトルだけ元に位置に戻します。

これも15回、
この筋トレは二の腕プルプルにも効いてきますよ。

出典元

この3種×15回をやって1セットとします。

1分程度休憩し、2セット目、3セット目を行って下さい。

 

ゆっくりと、じわじわ行うと結構きついですので、
その場合は12回ずつ×3セットなど、
ちょっときついな、という所から始めてみてください。

きつすぎたら続かないし、
楽すぎたら効き目が感じられないと思うので、
ちょっときついな、がポイントです。

それから形。

さっさと適当に回数こなすより、
正しい形で、使っている筋肉を意識しながら行った方が
筋トレの効果が上がるそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

筋トレは正しい形にこだわっていただきたくて、
ついつい細かいことを書いてしまいました。。。

でも続けることが何よりも大事です!

きつかったら回数やセット数を減らして毎日にする、

慣れてきたら増やしていく、など、
自分でアレンジしてみてくださいね。

 

しつこいようですが、形にはこだわってくださいね。

 

お食事も同様で、基本を意識しつつ、
自分流を模索してみてください。

今の時期なら、鍋料理はいいですよね。

最後の雑炊や、おうどんは、
できたら食べないようにしたいところですが、、、

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-食事, お腹に効く, いろいろなダイエット, 運動, 筋トレ, 上半身に効く, 下半身に効く, 身体の部位, 健康的効果, お財布に優しい, ストイックで効果
-, ,

                                  

関連記事

女性の8割以上が抱えてる「セルライト」はがして流す3つの効果方法

  30歳を過ぎた頃から 明らかに痩せにくくなった… お腹や太ももに 凸凹したものが 目立つようになった… という女性が多くいます。 というのも、 人は加齢と共に 代謝が落ちて 痩せにくくな …

注意点を守れば簡単すぐできる塩風呂ダイエットデトックス効果も抜群

  お風呂に 塩を入れるだけの塩風呂。 そんな塩風呂に、 ダイエット効果があるのをご存じですか? 運動や食事制限をしなくても、 毎日の習慣である お風呂で、 痩せられたら嬉しいですよね。 ス …

脳を騙すオリーブオイルダイエット4の理由と4の方法で美容健康効果

  少しの オリーブオイルを飲むだけで ダイエット効果が期待できる 「オリーブオイルダイエット」 「オイルを飲む」というだけで 抵抗を感じる人は多いと思います。 実際に オリーブオイルは、 …

3つの事で「おデブ」の歩くダイエットは身体と精神面をも痩せさせる

  今年こそは痩せたい! 痩せてかわいい服が着たい! と決意はするものの、 なかなか成功しないダイエット。 ダイエットって、 固い意志がないと成功しないイメージがありますよね。   …

「おデブさん女性の脳卒中(脳梗塞)リスク」守るべき健康のために

  標準体重より太ってしまうと、 さまざまな病気へのリスクが伴います。 普段から身体を鍛えていて、 筋肉量とともに体重が増えている いわゆる マッチョ体型の人は別ですが、   食べ …

ブログランキング・にほんブログ村へ
 m(_ _)m