おデブさんの基本 意識と考え方 年代別 食事 30代~ 病気やケガ おデブだから? 運動 40代~ 病院体験 50代~ いろいろなダイエット 水中ウォーキング

「おデブさん女性の変形性膝関節症のリスク」危険な30代40代50代

投稿日:2017年4月11日 更新日:

Pocket
LINEで送る

 

30代後半40代~50代にかけて、
階段の上り下りや椅子から立ち上がる際、
膝の痛みを感じる様になる方が多くいらっしゃいます。

現在、60歳以上の女性では約40%の方が、
レントゲン上で変形性膝関節症と診断されているそうです。

 

運動不足や加齢が原因で
関節がもろくなってしまうのですが、

日本人女性はもともとO脚の方が多いのも、
関節のすり減りや変形の要因です。

 

そして、もう一つの
大きな要因は体重増加によるものです。

膝の痛みや腫れなどの自覚症状が出てきた際は
自己判断でそのまま放置せず、まずは病院へ受診しましょう。

おデブさん「病気やケガで大変でした」短編・体験談集Case71~80


スポンサードリンク

おデブさん女性の
変形性膝関節症のリスク

・太っているから
・歳だから
・O脚だから
膝の痛みを抱えたままの生活を送ると、

自然と痛みをカバーしながらでの歩行などで
腰痛や足首の痛みにも繋がってきます。

 


変形性膝関節症とは

膝関節の軟骨がすり減ることで
変形または関節炎が生じ、
痛みが起こる病気のことです。

軟骨は膝の上下を覆っていて、
膝の上下がぶつかる時の衝撃を和らげる
クッションの役目をしているのですが、

この軟骨がすり減ってしまうと、
膝の関節が直接擦りあうため激しい痛みを感じるのです。

さらに症状が進むと、
擦りあった骨や関節そのものが削れて、
変形したり皮膚の外に露出することもあります。

想像しただけで膝が痛くなってきそうですね・・・。

疲労は顔に現れる「疲れ目・頬たるみ・毛穴開き」原因と対処法

 

体重増加での
膝への負担とは

残念ながら、
体重増加は2つの理由から
この変形性膝関節症と深いかかわりがあります。

 


1つ目の理由:
体重増加

単純に体重増加により
膝にかかる負担が重くなったためです。

この理由はすぐに想像できると思いますが、
膝は全体重の屈伸運動を担っていますので、
重くなればなるほど負担がかかるのは当然です。

私たちは、
寝たきりの状態にならない限り
膝の屈伸運動を避けて生活できません。

曲げ伸ばしの度に
膝軟骨がすり減っていると思うと、
少しでも体重を減らして負担を軽くしたいですよね。

 


2つ目の理由:
体のバランス

体重増加によって
体のバランスが崩れて重心位置がずれるためです。

体の中心に重心があり
バランスが整っている場合、

股と膝の関節が綺麗に連動して
自然に膝を持ち上げて歩くことができます。

お腹周りに脂肪が付くと、
体の重心が自然に前下方向に集中してしまうため、
膝がしっかり上がりません。

膝が伸びきった状態で再び足を着地させると、
足の一部分にだけ負担がかかり、

地面からの圧力を
膝のクッションで吸収できず、
結果膝を痛めてしまうのです。

お尻や太腿に脂肪が付くと、
今度は重心が後ろにいくため
足が前に出にくくなり足を引きずってしまいます。

このように
体の中心部分についた脂肪は
重心の位置をずれさせ、
もれなく膝に負担をかけているのです。

痩せたいけど幾度のダイエット失敗!モチベーションを上げる方法とは?

 

膝に負担をかけない
ダイエット

まだ膝の痛みを感じていない人は
純粋にダイエットを励んで頂きたいのですが、

増えた体重が膝に負担をかけている前提で無理なく行いましょう。

 

それでは、
既に膝の痛みや違和感、
腫れなどの症状がある人はどうすればいいのでしょうか。

膝に痛みを抱えている人が
ウォーキングやランニングなどを
無理に行うと症状を悪化させるのは当然です。

そのため、
ダイエット方法が非常に重要になります。


食事方法

食事制限による
ダイエットが一番有効ですが、
過度な制限は根本の治療にはなりません。

カルシウムが豊富な小魚や牛乳などで
しっかり骨や関節をカバーし、

低脂肪高タンパクな食事を
心掛けることが身体作りの基本です。

▶4つの順番で食事ダイエット!血糖上昇、満腹、バランス、すべてOK


運動方法

運動であれば
プールでの水中歩行がとてもオススメです。

水中は浮力があるため
膝への負担が軽減されますし、

脂肪を落とし適度に筋肉を付けるのに最適です。

▶体質も変え肩こり腰痛にも効く水中ウォーキング有酸素で脂肪燃焼

▶おデブさん女性プールで水着は恥ずかしいしと思っていませんか?


サプリメント方法

グルコサミンやコンドロイチンなど
膝関節の構成成分を含んだ
サプリメントも多く出回っていますが、

サプリメントの経口摂取だけで、
もろくなった関節が元通りになるわけではありません。

これらは、
軟骨破壊を抑制する働きが期待できるものなので、
上記のダイエットを行う前提で補助として摂取しましょう。

補助サプリメントで
気になる方は覗いて見てください。

スポンサードリンク

膝、関節の違和感に

歩行や階段の上り下りなど、
運動時の違和感が気になる方へ
お勧めの「グルコサミン」「コンドロイチン」「コラーゲン」
を配合したサプリメントです。

これら3種の成分は、
年齢と共に減少していくと言われるため、
快適な毎日の為にこまめな補給をお勧めします。

こんな方におすすめ
・運動時の違和感が気になる方
・毎日スムーズに動きたい方
・元気に過ごしたい方
・スポーツをされている方
・エイジングケアが気になる方

バランスの良い食事や運動を心がけ、
毎日の生活サポートにお役立て下さい。

日々忙しい30代40代ダイエット内臓脂肪と皮下脂肪での恐い病気


スポンサードリンク

まとめ

足が不自由になると、
生活に大きな影響を与えます。

痛みを感じると動くこと自体が億劫になり、
カロリーを消費できず体脂肪がさらに蓄積され、

結果、膝への負担がさらに重くなる…
といった悪循環に陥らない為にも、
早めの対策が重要です。

 

特に30代後半40代を超えて
体重増加に悩んでいる人、

さらに諦めている人は
すでに膝軟骨がすり減り始めている可能性が高いです。

さらにO脚
(立った状態で両膝がまったくくっつかない)の人は、

O脚改善のエクササイズを
同時に行うことをおススメします。


O脚改善エクササイズ

バランスのとれた
美しいプロポーションであることは、
イコール健康に繋がります。

「痛くないからまだ大丈夫」ではなく、

鏡で自分の姿を見て
お腹周りやお尻、O脚に不安を感じた方は

すぐにでも、
膝に負担の少ないダイエットから始めましょう。

🔻これを読んでからのオススメ記事

▶「おデブさん女性の心筋梗塞リスク」怖い脂肪とは30代40代

▶「おデブさん女性の糖尿病リスク」更年期40~50代・偏った20~30代

▶おデブさん「病気やケガで大変でした」短編・体験談集Case1~10

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

-おデブさんの基本, 意識と考え方, 年代別, 食事, 30代~, 病気やケガ, おデブだから?, 運動, 40代~, 病院体験, 50代~, いろいろなダイエット, 水中ウォーキング
-, ,

                                  

関連記事

「おでぶさん女性の大腸がんのリスク」死亡率1位、肥満との結びつき

  肥満体型になると、 血液中の脂質が増えて血液がドロドロになり 血管を詰まらせることで 脳梗塞や心筋梗塞などの重病を 引き起こす恐れがあることは広く知られていますが、 肥満が原因で、 「癌 …

糖質制限ダイエットで10k痩せた体験談!おからパウダー効果と方法

  私は40代の専業主婦です。 妊娠、出産で体重が激しく増減しました。 まずつわりで8キロ減って、 そのあと反動で10キロ増えて、 出産で5キロ減って、 そのあと何だかんだでまた増えて。 気 …

16k痩せ人生が180度変わった体験談スープ置き換えダイエット

  「ドラミちゃん」 私の記憶から 消したい中学時代のあだ名です。 かわいい、、、だけど、 太ってるイメージのドラミちゃん。 ずっと、 運動部だし大丈夫と 自分を甘やかしてきました。 そして …

代謝12%UP!ヨガで痩せ体質に変身インナーマッスルも鍛え美体へ

  世界中で大流行しているヨガ。 もともとは、 インドの修行の一つだったのですが、 ・筋力の強化 ・柔軟性のアップ ・血流促進 ・自律神経の調整など 様々な効果が期待できることで知られていま …

体験談3つの意識で「19時以降食べないダイエット5k痩せた方法」

    女性、年齢33歳 48キロから43キロで結果5キロ痩せました。 4ヵ月続けています。 このダイエット方法は、 いろいろな雑誌を読んだり、 インターネットで検索したりと 自分 …