20代~ 年代別 おデブさん体験談 30代~ 病気やケガ おデブだから? 40代~ 病院体験 50代~

おデブさん「病気やケガで大変でした」短編・体験談集Case91~100

投稿日:

Pocket
LINEで送る

 

おデブさん・・・だから

体重が増えた結果

・病気になってしまった
・ケガをした
・身体を痛めてしまった

体験談・経験談です。

 

太っていると起こり得る事です・・・

あなたも同じような
経験や症状ありませんか?

決して他人ごとではありません。

 

自身の身体は自分で守るしかありません。

もっと先の自分を見つめましょう。
そして考えましょう。

そうなる前に・・・


スポンサードリンク

「病気やケガで大変でした」
短編体験談集
Case:91~100

▶満腹、便秘、栄養、痩せ効果!「チアシードダイエット」やり方と方法


Case:91 女性・37歳

今がまっただ中になっています。

脂肪肝になり、ただいま病院に通院中です。

まだ糖尿病にはなっていませんが、
なるかもしれないというギリギリのラインで焦っています。

現在、食事や運動療法により必死にダイエット中です。

5k痩せ体験談「果物ジュース置き換えダイエット」効果的やり方と方法


Case:92 女性・20代

私は、子供を出産し、母乳育児をしていました。

栄養がスルスル子供に行くので、
どれだけ食べてもお腹が空き、
太る事もなく逆に痩せていきました。

よくありがちですが、子供が卒乳したら
今までの食事量がやめられず10キロ太ってしまいました。

そうしたら逆流性胃腸炎になってしまいました。

改善する一番の方法は、元の体重に戻す事ですが中々戻せません。

日々忙しい30代40代ダイエット内臓脂肪と皮下脂肪での恐い病気


Case:93 女性・40代

成人してから咳喘息になり
難治性の喘息(気管支喘息)になり

内服や点滴に使用される
ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)の副作用で太りました。

そのお陰と言うか副産物で
非アルコール性脂肪肝や腰椎椎間板ヘルニア等になりました。

喘息症状が酷い為に
容易く薬が使えない為に
痛みのコントロールが難しかったりしますので

現在は肥満や喘息症状を改善する為に
可能な範囲です糖質制限食やMEC食にしています。

おデブさん「恥ずかしい」短編・体験談集・Case141~150


Case:94 女性・30代

子どもを2人出産してから、急激に体重が増えました。

ある日、歩いていると
左足に痺れを感じ、痛みを感じはじめました。

悪い病院なのかと不安に思い
整形外科に行くと、坐骨神経痛と診断されました。

体重が重たく、体に負担が掛かっているそうです。

ストレッチやダイエットをするようにと先生に言われて帰りました。

今はストレッチを続けていますが、
長時間歩くとやはりまだ痺れがきます。

もう少しダイエットに励もうと思います。

「おデブさん女性の脳卒中(脳梗塞)リスク」守るべき健康のために


Case:95 女性・28歳

21歳、22歳と連続で
体重からの負担で坐骨神経痛に3度なりました。

整骨院の先生に3度目の坐骨神経痛治療時に
「次にまた坐骨神経痛になったら本当に歩けなくなるかもしれない」
と言われダイエットを試みました。

当時より現在は10キロほど痩せた為腰や足への負担が大幅に減少。

やはり健康体が良い!と痛感するばかりです。

「おデブさん女性の変形性膝関節症のリスク」危険な30代40代50代


スポンサードリンク


Case:96 男性・60歳

58歳くらいの時に糖尿病になりました。

お菓子やお酒などを何も気にせずに
食べたい時に食べたいタイミングで摂取してたので、
ダメージが病気として出たのだなと実感出来ました。

その経験を経て、食生活には気をつけるようになりました。

「おデブさん女性の糖尿病リスク」更年期40~50代・偏った20~30代


Case:97 女性・20代

これは私が21歳の時のできごとです。

当時私は体重が3桁行くのではないかというくらい太っていました。

ある日とてつもなく息苦しくなり
病院に行くと脂肪が呼吸の道を塞いでいるため
痩せないと呼吸が更に苦しくなると言われ
そこから必死にダイエットしました。

今では平均体重までになることができました。

その経験から適度な運動と
バランスの良い食事をいつも心がけるようになりました。

ちょ~おデブ37歳18k痩せた意識効果でプチ炭水化物ダイエット方法


Case:98 女性・30代

二の腕のブツブツが気になって、皮膚科を受診した時のことです。

年々ブツブツが目立つようになり、
ある日意を決して受診することにしました。

症状を伝えて腕を見せると、その医師は本を開きだしました。

そしてある病名を指差し、
その下の症状と傾向を読むよう言われました。

すると、肥満体質の人に多い皮膚疾患と書かれていました。

医師は私に、皮膚の症状よりも肥満が限定だということを、
伝えるために読むよう言ったのでしょう。

周りには他の患者さんもいたので、
気を使ってくれたのかもしれません。

しかもその症状で
特にかゆみや化膿するなどの気になる症状がなければ、
特に治療の必要性もない様子でした。

なんともショックで衝撃的な結末でした。

おデブさん「病気やケガで大変でした」短編・体験談集Case61~70


Case:99 女性・40代

太っているせいで、膝を痛めました。

歩くとき痛くて痛くて…。

医師からは、まずは5キロ体重を落としましょうといわれました。

変な姿勢で歩いているので、
このままでは、腰痛も引き起こしかねないとのことです。

太っていても血液検査には問題がなかったので油断していました。

筋肉量も少ないと指摘されました。

もう、若くありません。生活を変える必要がありそうです。

17k痩せた体験談30代女性「ウォーキング&食事制限ダイエット」簡単でオススメです


Case:100 女性・40代

今から15年前になります。

夜中に右の脇腹が痛くなり盲腸かなと思いましたが、
その日はそのまま寝てしまいました。

しかし翌朝起きたら、
今度は右の背中に激痛が走り我慢できなくなり、タクシーで病院に行きました。

この痛みは今までに感じたことのない、もの凄いまさに激痛でした。

その後の出産の時に感じた陣痛の痛みよりも大きかったです。

のたうちまわる痛みとはこのことだと、とても強く思いました。

病院の待合室でも痛みに我慢できず、椅子に寝転んでしまいました。

そして診察してもらい、
尿検査をしたら医者に「血尿が出ていますね」と言われました。

同時に超音波の検査をしたら、
付き添いで来た母も呼ばれて医者に「尿管結石ですね」と言われ、
初めて聞いた病名に私も母も唖然としてしまいました。

そしてそのまま、泌尿器科に行きました。

あまりに痛みが強いので
痛み止めの注射がその病院にしかないそうです。

そして、その病院に着いて打った注射は5回でした。

そしたら、やっと痛みが落ち着きました。

そして次の日も病院に行き、造影剤をしました。

それから週一回診察に行き、
石が落ちたかどうか診てもらいました。

約1か月くらいかな?レントゲンを撮って
「はい。石が落ちましたね。」と言われました。

その間も痛みは特に出なかったので、
普通に生活していましたが、
やはりあの痛みを思うと毎日とても怖かったです。

ただ言われた通りに水分はたくさん補給するようにはしていました。

この病気は、石があまりにも大きければ、
超音波で石を小さく砕く治療もあるようですが、
通常は水分をたくさん摂取することによる自然排泄だそうです。

私がこの病気になった原因はハッキリとはわかりませんが、
やはりその当時、すごく太っていたことと、食生活かなと思います。

甘いもの、油もの、アルコール類等、気にせずに摂取していました。

それからは運動も適度にして、
食生活を見直すようになったおかげで体重も落とすことに成功しました。

あれから尿管結石は一度も発症しておりません。

もうあの痛みは二度と経験したくないと思います。

🔻これを読んでからのオススメ記事

▶おデブさん「病気やケガで大変でした」短編・体験談集Case1~10

おデブさん「恥ずかしい」短編・体験談集・Case1~10

おデブさん「恥ずかしい」中編・体験談集・Case1~5

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

-20代~, 年代別, おデブさん体験談, 30代~, 病気やケガ, おデブだから?, 40代~, 病院体験, 50代~
-

                                  

関連記事

おデブさん「恥ずかしい」短編・体験談集・Case131~140

  おデブさん・・・だから 赤面 恥ずかしい 顔から火が出る 穴があったら入りたい 体験談・経験談です。 誰しも 一度や二度は経験ありますが・・・ あなたも 同じような経験ありませんか??? …

70歳から6k程痩せた健康ダイエット効果は油抜き腹八分方法です

  私はこれまで 何度もダイエットに挑戦しましたが、 上手くいかずに リバウンドの繰り返しばかりしていました。 70歳になって胆石がみつかり、 やはり、 健康が一番と思い真剣に取り組みました …

女性の8割以上が抱えてる「セルライト」はがして流す3つの効果方法

  30歳を過ぎた頃から 明らかに痩せにくくなった… お腹や太ももに 凸凹したものが目立つようになった… という女性が多くいます。 というのも、 人は加齢と共に代謝が落ちて痩せにくくなります …

「おデブさん女性の糖尿病リスク」更年期40~50代・偏った20~30代

  最近は、多くの女性が 男性と同等の働き方をしています。 それに加えて、 家に帰れば家事と育児に追われて 睡眠不足やストレスの蓄積・・・ といった 健康被害に悩む方も多くいらっしゃいます。 …

おデブさん「恥ずかしい」短編・体験談集・Case111~120

  おデブさん・・・だから 赤面 恥ずかしい 顔から火が出る 穴があったら入りたい 体験談・経験談です。 誰しも 一度や二度は経験ありますが・・・ あなたも 同じような経験ありませんか??? …

応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
 m(_ _)m